人気YouTuber、AV出演を告白。「言いくるめられ」と経緯を語る

YouTuberの「あすか」が、2019年1月29日に公開した動画で、過去にアダルトビデオに出演していたことを告白し、その経緯や理由を語りました。

あすかはパチンコ系チャンネル「あすかのパチ部屋」(登録者数5.9万人)とサブチャンネルの「あすかの日常部屋」(登録者数3.2万人)を運営するYouTuber。

 

昨年から出演の噂が流れていた

さかのぼること4カ月前の2018年10月、あすかが、あるセクシー女優に酷似しているという噂が流れました。

あすかは出演を認め、「隠すつもりはないからね」と発言。
YouTubeでもネタにするなど、タフな対応ぶりを見せていましたが、詳細を語ることはありませんでした。

1月29日に公開した動画では、「今日はぶっちゃけるよ」として、視聴者からの質問に答えていきたいと宣言。

出演の噂が広まったことについては

バレる前提で(YouTubeで)顔出しはしてたんだけど

と、活動当初から覚悟があった様子で、

(出たのは)本当です

と改めて出演を認めました。

さらに、出演していたのは約5年前で、1年間ほど活動。
100以上の現場をこなしたと語りました。

 

キッカケは「言いくるめられ」「脅しに近い」

女優となったのは、スカウトがキッカケで、

(スカウトマンに)いいように言いくるめられというか、脅しに近いのかな、自分の場合は。
恐怖で行ってしまったという感じですね。

断ったら何かされるんじゃないかみたいな感じで。

ただただ怖くて、断れなくて。
自分が断れない状況にどんどんどんどんうまくね、追いやられてしまい、出てしまった。

と不本意ながら周囲に追い込まれ、女優になってしまったと明かしています。

辞めなかったのは「使命感」

何でしたくもないのに、そんなに本数出たんだって言われるとただの「使命感」というか、
(スタッフに)「お仕事があるのはすごいことだよ」ってめちゃくちゃ言われて、
「あ、そうなんだ。自分は恵まれてるんだ」

自ら「騙されやすい」と語るあすかは、スタッフの口車に乗せられ、辞めるに辞められない状況を作られてしまったと語りました。

女優時代に稼いだ額は1500万円。
その収入は、ギャンブルなどに使い、現在は手元に残っていないそう。

頑張ってやった(稼いだ)お金ではあったけど、なんか嫌だった。残したくなかった。

と語り、やはりこの仕事をすることには葛藤があったことを思わせます。

 

棒に振ったことはあったけど、そういう人生だったのかな

辞めた理由については

「耐えられない」と思って辞めた

と話しつつも、女優となったことで

映像一つでもいろんな人が携わってて、いろんな人の労力があって出来た映像なんだなっていうのを実感はしましたね。

と語り、

(出演のせいで)色々棒に振ったことはあるけど、それはそれでそういう人生だったのかなと思う

と自分自身を受け入れているようです。

 

出演告白は企業への配慮

2月5日にはさらに動画を公開。

 
出演経験を告白した理由が、企業への配慮だと語りました。

以前から“企業案件”の問い合わせがあっても、すべて断っていたというあすか。
企業案件を受けた後で自分の経歴がバレると、企業に迷惑がかかる。
企業には、前もって知った上で依頼をしてほしいと話しました。

視聴者から、「過去を正当化しているのではないか」という指摘があったことを話し、

それが本当に必要な職業とか、恥ずかしくない職業っていうのは絶対的に無理がある
(中略)自分の周りがそうならないために、自分がどうできるかっていうのを考えて欲しい

と、呼びかけています。

 

出演強要ではない

また、自らの意志で出演したのではないことについては事実だと念押ししつつ、

制作側が悪いとは言っていない

強要案件とかじゃないんだよね。
強要しようとおもってしてるわけじゃなくて、相手はね。

と、昨今ニュースにもなっている「出演強要」ではなく、あくまでも自分がそう思い込んだだけだと話しています。

なお、メインチャンネルの方は1月28日に活動休止、過去の動画は全て非公開となっています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.09~

もっと見る