古川優香の下着モデル起用に批判続出
動画の低評価率は97%

元「さんこいち」(登録者数136万人)の「古川優香」(同74万人)の嫌われぶりが半端ではないようです。

下着モデルに起用された古川優香

3月3日、古川優香は下着ブランド「AMOSTYLE」(アモスタイル)が発行するフリーマガジン「AMOSTYLE GIRLS ZINE」(アモスタイルガールズジン)のカバーガールに起用されました。

古川優香は自身初となる下着での写真撮影に挑戦。
複数のメディアで取り上げられるなど、大きな注目を集めたものの、批判も集める結果となったようです。

動画の低評価率は97%

モデル起用を報じた時事通信の動画ニュースは、3月4日10:20現在、高評価48、低評価1551で、低評価率がなんと97%に達しています。

コメント欄は批判コメントで埋め尽くされており、

amostyleうそでしょ、もう買いたくないよぉ

よくこんな人モデルに起用したな。顔も見たくない。下品

この人がモデルしてる下着なんて絶対買いたくない、、

高いギャラ払ってイメージダウンさせとるやん笑 人選ミスやなぁ笑

と、批判の声はAMOSTYLEにも及ぶことに。

なお、このニュースはoriconムビコレも扱っていますが、どちらも低評価率は88%と非常に高い数値となっています。

1月から炎上が続く古川優香

2021年1月1日、古川優香が所属していた3人組YouTuberさんこいちは、1月末をもって活動を終了すると宣言。その2日後にはメンバーの「ほりえりく」(同21万人)がYouTuber引退を表明しました。

ところが動画で見せた態度から、古川ともう1人のメンバー・「やっぴ」(同36万人)が解散を主導したとの疑惑が持ち上がり、2人は炎上。
2人は謝罪動画を公開したものの、視聴者は納得せず。2カ月経った現在も2人の個人チャンネルの登録者数が減少を続けるなど、炎上状態が続いています。

こうした状況を踏まえてか、古川は今回のモデル起用を自身のYouTuberやツイッター、インスタグラムでは告知しなかったようですが、AMOSTYLEへの飛び火を防ぐことはできなかったようです。

関連記事
さんこいちが動画投稿の終了を発表
さんこいちが卒業動画を公開 ほりえりくは「ほんと言うとまだやめたくない」と涙
炎上の古川優香とやっぴが謝罪も、低評価は1万超え 批判やまず
炎上の古川優香がさんこいち解散の経緯を再度説明。解散切り出したのは「ほりえりく」
古川優香・やっぴの炎上は「腑に落ちない」さんこいちスタッフが解散の裏側語る
さんこいち・ほりえりくが告白 解散の本当の理由は「適応障害」