かねこあや、自宅で倒れていたことを報告。
薬物中毒疑惑は否定

かねこあや」(登録者数40万人)が18日、ツイッターやインスタグラムへの投稿を通じて、今月上旬から中旬にかけて自宅で倒れていたことを報告しました。

自宅でひとりで倒れていた

この日の投稿の中でかねこあやは「2/4-2/17まで自宅にてひとりで倒れてしまって」と、今月中旬にかけて自宅で倒れていたと報告。
かねこあやのツイッターは今月11日以降更新が途絶えており、この日はおよそ1週間ぶりの投稿となっていました。

倒れた原因については「外傷がある状態での脳動脈瘤破裂」だとしており、疑惑が上がっているとする「急性薬物性中毒」については否定しています。
ただしもととなった外傷の詳細は伏せられているほか、「事件性がハッキリとないと言える状態ではありません」とただならぬ事態を想起させる記載もされていることから、今後の続報が待たれるばかりとなっています。

危機的な状況を語る

投稿の中では、「携わってれる助けてくれる家族達への思いと猫達への気持ち 医療関係者への気持ちが湧いて溜まりません(原文ママ)」と、関係者への感謝をつづったかねこあや。
現在は「私は今命があるだけで一人ではご飯を食べる事もトイレをする事も水を飲む事も起きる事も寝る事も出来ません」との深刻な状況にあることを明らかにしていますが、インスタグラムでは巧みに箸を操りながら笑顔を見せる動画を投稿しており、ファンからは安堵の声と共に「生きててくれてよかった」「お大事になさってください」といった声が上がっています。