オパシがネットニュースに抗議。
誠意ある対応なければ法的措置も

2020年11月27日、「オパシ」(登録者数53万人)が「昨日の報道について【オパシ】」で、前日に公開されたネットニュースの記事に抗議しました。

ネットニュースに抗議

オパシが抗議したのは、11月26日に「リアルライブ」が公開した「ユーチューバー、中学生に強制性交疑いの逮捕に『そこら中でみんなしてます』発言で批判の声」という記事。

オパシが23日に投稿した「【いいとも#296】あの有名プロゲーマーがとんでもない罪状で逮捕された件ww【荒野行動】」を取り上げたもので、オパシが「未成年者に対する性犯罪について私見を述べ、物議を醸している」として、

「相手が中学生で家に連れ込むと、誘拐および強姦みたいな扱いになるんですね」「相手が判断能力がないから」と続け、「とんでもないですよね」と話していた。(リアルライブ

「女の子が無理やりされたって言い張れそうな状況下」では性行為をすることは気を付けるべきだと注意を促し

など、オパシが中学生との性交渉を肯定しているかのように報じ、

オパシの意見に否定的な声も多く寄せられていた。
(中略)オパシの考えを受け入れられない人が多いようだ。

と、動画に対し否定的な意見が多数寄せられたと紹介していました。

記事削除と謝罪文の掲載を求める

オパシは記事について

事実とはかなり異なった内容で、自分の評価を貶めるような内容が含まれていました

とし、記事の公開後には、自身への誹謗中傷が一気に増えたと明かしました。

オパシは記事公開後の2時間後には、所属事務所と協議の上、記事の削除と謝罪文の掲載を要求したとのこと。
現在は返答待ちの状況で、動画は証拠保全のため一旦非公開としたそうです。

オパシは

誠意ある対応がいただけなかった場合は法的措置も取るつもりです

とも表明しました。

オパシは淡々と経緯を説明しつつも、

テンションで分かると思うんですけど、悲しいですね。ただただ悲しいです。

と心境を吐露。
以前にもネットで捏造記事を書かれ、被害を受けたことがあるそうで、

事実とね、やっぱ異なる内容で自分の売上だったりとか、いろんなね、今後に影響が出てしまうような内容というのはちょっとね、看過できない

ミスリードを狙った内容の場合は、しっかりと一つ一つ対応していくつもりです

と毅然と対応する意思を示しました。

オパシは中学生との性交渉を肯定していない

問題の動画についてはユーチュラでも24日に取り上げていますが、ユーチュラ編集部でもリアルライブの記事はミスリードだと考えています。
(関連記事「ゲーム実況者オパシ、ファンと関係を持つときの“裏ルール”を語る」)

動画でオパシは、強制性交で逮捕されたプロゲーマーが「中学生を家に連れ込んでパコっただけ」と発言していますが、これはオパシ自身が中学生との性交渉を肯定するものではなく、YouTube界ではファンと性交渉を持ったことがたびたび話題になることを踏まえての発言と思われます。

また、リアルライブの記事では「オパシの意見に否定的な声も」とありますが、例示されている「流石に中学生に手を出してはいけません」「中学生とやりたいとか異常者」といった意見は、中学生との性交渉に触れたものであって、オパシを否定しているのではありません。(そもそもオパシは中学生との性交渉を肯定していない)

オパシが言及した性交渉の“裏ルール”についても、中学生ではなく、成人女性との関係について語ったものです。
ちなみに、オパシは性的関係を持つ際は、トラブル回避のため身分証の提示を求めていると過去に話しています。
(関連記事「人気ゲーム実況者オパシが“オフパコ”をカミングアウト」)

動画の高評価率は96.3%

動画が非公開になる前、11月26日12:53時点でのデータは、再生数10万4106回、高評価1,813、低評価69。コメント数は199でした。
高評価率は96.3%で、これはオパシの普段どおりの評価。炎上とは無縁の状態でした。

コメント欄も、少なくともユーチュラで記事を書いた段階では、オパシを批判する意見は見受けられず、むしろ動画の後半にあった「夢」について語る部分を称賛する声が多かったと記憶しています。