ヘラヘラ三銃士、てんちむとの“豪華”コラボ翌日の
かねこあやとの“雑すぎる”コラボに低評価殺到

女性YouTuberグループ「ヘラヘラ三銃士」(登録者数87万人)が11月、“絶縁問題”で対立中の「てんちむ」(同152万人)と「かねこあや」(同41万人)とのコラボ動画を2日続けて投稿。
思わせぶりな待遇の差を見せつけました。

豊胸発覚で炎上したてんちむをイジり倒す

2020年11月25日、ヘラヘラ三銃士のYouTubeチャンネルで動画「【総合格闘技】てんちむvsありしゃん」が公開されました。

内容は、賞金100万円をめぐってメンバーの「ありしゃん」がてんちむと総合格闘技で勝負するというもの。
盛り上がりを見せた試合展開もさることながら、試合前のボディチェックでは胸にブルーライトを当てたり、副賞に「モテフィット1年分」が用意されていたりと、豊胸発覚で大炎上したてんちむをイジリ倒すシーンも多数盛り込み、視聴者の笑いを誘いました。

 “豪華”な作りが印象的な1本に

てんちむとのこのコラボおいて特に印象的だったのが、動画の“豪華さ”。

動画には解説としてプロキックボクサーの久保優太(サラ久保チャンネル、登録者数12万人)、審判に総合格闘家の「矢地祐介」(同21万人)、セコンドに青汁王子こと「三崎優太」(同21万人)らが登場。司会は「最上釈迦」(同4.5万人)が務めました。

YouTube

観客席にもYouTuberの姿がありました。

YouTube

また、100万円(とモテフィット1年分)という豪華な賞品に加え、試合のためにわざわざグローブやヘッドギア、リングの備え付けられた会場まで用意するなど、撮影のための環境づくりにも力が入れられていました。

 

次ページ:翌日にはかねこあやとのコラボ動画を投稿するが…

1 2