メンタリストDaiGo、月収を公表。
想像を超える金額にファン驚愕

2020年10月18日、「メンタリストDaiGo」(登録者226万人)が「人生最高額を更新したので月収を公開します。」というタイトルで生配信を実施しました。

「嫌な感じに出回ってるくらいだったら」

DaiGoによると、今回自身の収入を明かすことにしたきっかけは、先日「ヒカル」(登録者419万人)とのコラボとのこと。

ヒカルに「どれぐらい稼いでるんですか?」と質問を受けたDaiGoは「最近だとDラボで〇〇くらい入ってくるんじゃない?」と回答(「Dラボ」とは、DaiGoが“知識のNetflix”を目指して開設した動画配信サービスです)。
その動画はまだ公開されていませんが、会話の内容がどこからか漏れた様子。
それを知ったDaiGoは、「人の口から伝わると尾ひれが付いたりするので」「嫌な感じに出回ってるくらいだったら」と、今回自分の口から収入を明かすことにしたようです。

増加率にしか興味が無い

DaiGoは収入を明かす前に、

基本的にはどんなビジネスでもそうなんですけど、自分が何かやるときには“傾き”しか見ません

と説明しました。
自身を「昔から怠け者」というDaiGoは、単に会員や収入の増加数を確認するだけだと「安心しちゃう」らしく、そこで努力をやめてしまうそう。

そうするとどうなるかというと、自分の人生の時間ムダになりますよね。
せっかく生きるんだったら、同じ時間を歩むんだったら、最大の成果をそこに求めたいと僕は思うので

そこで考えついたのが、「加速度の原理」だったそうです。

毎月の新規の流入がどれぐらいのスピードで増えていってるか、っていうその「新規会員の流入速度の増加率」みたいなのを僕は取ってるんですよね。
これは僕、唯一の指標にしてるんです。

そのためDaiGoは現在の収益や新規会員数、全体の会員数については「正直どうでもいい」と豪語。ニコニコ動画の有料会員数で1位になったのち会員数を非公開にしたのも、増加率にしか興味が無いためと説明しました。

また、そういった性格であるために、コラボには消極的であると説明。

人と組めないんです。(中略)人と組んで成功しても、それ自分の成長のおかげなのか、相手の成長のおかげなのかのファクターがわからないじゃないですか。
僕にとって(ビジネスや人生は)実験と同じなので、なるべく自分のビジネスとか自分の人生に関わるファクターを制限して、どこが影響を与えたのかを知りたいんですよ。

このように、自分の成長を常に感じていたいと思うようになったのは、過去にいじめを受けた経験からとも話しました。

自分が前に進んでいる感覚が感じられないのが怖いんですよ、そういう病気で。なんでかというと、僕がもともといじめられっ子だったからというのがすごい大きなところで。
自分の中で「自分がちゃんと成長してるんだ」「前に進んでるんだ」という感覚をやっと手に入れることができたのがニコニコ動画始めたりとか、自分で動画を始めたりとかしたところからなんですよ。

際立つDラボの収益

今回は「未実現」「不確定」な収入であるとして、今回はキャピタルゲイン(投資活動による収益)や書籍の印税は含めなかったとのこと。
「毎月キャッシュで入ってくる」YouTubeおよび動画関連事業(企業案件など)、ニコニコ動画、そしてDラボの3つからの収益を今回の「月収」と定義しました。

まずYouTubeについて。
具体的な内容はポリシー違反となるため言及は避けつつ、動画広告収益と「案件のようなもの」を足してざっくり「4000万円ぐらい」と回答しました。

次にニコニコ動画について。
現在は10数万人の有料会員を抱えているらしく、月額は550円であるため収益は「だいたい7000万円くらい」とのこと。

しかし、DaiGoによると「これが実は少ない2つです」。
最後は9月25日にローンチされたDラボです。


これについて、DaiGoは

これ計算が非常にし辛くて。
今(10月)18日なので一応Dラボに入っている会員さんの、現在の会員の増加率及び退会率っていうのを加味しまして、この18日間が1カ月だったらどうなるのか(中略)これが10月いっぱいいったらどうなるの?ってことを一応元に計算しております

と前置きした上で、現在の会員数が7万6068人、客単価が6047円だと回答。
10月18日時点で収益が4億5990万728円だとし、これに退会率・増加率を加味して計算し直すと、30日換算で7億9219万3282円、「約7.9億円」となるそう。

3つの収益を集計し、今月のDaiGoの月収はざっくり9.1億円と話し、この数値の実現を支えた関係者や視聴者に感謝を述べました。

ざっくりですね、計算すると、4000万+7000万+7.9億円なので 今月の僕の月収は9.1億円でした。
(中略)
何がでも面白いって、この9.1億円をこのiPhone1台生み出してるところがね、面白いですよね。
(中略)
まあね、いろんな人に助けられてですよ、もちろん。

また、DaiGoは「今月たまたま多いだけですからね」ともフォロー。

今月はDラボの初月だったからっていうのがあるので。
(中略)
一気に流入してくれて、それで年間払いとかしてくれたからガーンって上がっているだけなんで。
(中略)
ここ言っとかないとさ、数を数えられない週刊誌とかがさ、「DaiGoの年収、9.1億×12で、年収100億円のね、稼ぎがあること告白!」みたいにさ、明日ニュースとかで書かれて非常に迷惑なので。

とも話しました。

「これはヤバすぎる…」

DaiGoの月収告白に関し、ツイッターでは

DaiGoさんの月額収益が想像を超えてた…
(中略)
本の印税も株の含み益も入ってなくてこれはヤバすぎる… しかもこれiPhone1台で稼いだという事実。。

Daigo月収9億とか草超えて森も通り過ぎて草

と、視聴者から驚愕のコメントが寄せられています