ヒカルの3年前の大炎上の裏にはVAZが関与。
FRIDAYがスクープ

2020年9月25日発売の『FRIDAY』が「ヒカルが初めて語った大手ユーチューブ事務所の闇」として、「ヒカル」(登録者数417万人)への直撃取材記事を掲載しました。

ねおのVAZ告発をヒカルは応援

先日、VAZ所属の女性クリエイター「ねお」(登録者数97万人)の母親が事務所とのトラブルを告発。
数千万円に上る収益が上がっているにもかかわらず、報酬が30万円程度しかないことがあったり、マネージャーからの現場放棄や嫌がらせ行為などがあったとして、VAZを痛烈に批判しました。

かつてVAZの看板クリエイターだったヒカルは、ねおの告発を応援。
「VAZの経営陣、そして社長、あの辺が全部嫌い」だとVAZを批判したほか、自身が2017年に大炎上した“VALU騒動”にも、明かされていない裏事情があると示唆しました。

関連記事
ねおがVAZ脱退か。母親は不信感、怒りあらわに
【ねお退所騒動】ヒカルがVAZを痛烈批判し“VALU騒動”の「どエラい」真実も示唆

VALU騒動とは

“VALU”とは個人の信用を株に見立てて取引ができるフィンテックサービス。
2017年夏にヒカルは、VALU上で「株式公開」し、その後自身のVA(≒VALU内における株)が高騰したタイミングですべてを売却しました。
これによりヒカルは数千万円の利益を得たとされる一方、大損した利用者も多数存在したため、ヒカルには批判が殺到。
大炎上し、50万人がチャンネルを解除する“解除祭り”に発展しました。
ヒカルは、騒動に関わった「ラファエル」(登録者数173万人)や「禁断ボーイズ」(同189万人)らとともに数カ月間、活動を休止しています。

8月25日の動画の中でヒカルは、VALUをめぐるVAZとやり取りを録音した音声データを持っていることを明かし、「表出たら、多分どエラいことになりますよ」と語っていました。

VALUの裏にVAZが関与した「証拠」

これと同じものかはわかりませんが、FRIDAYも独自に音声データを入手したもよう。

記事によると、音声データは

VALUを始めたウラにVAZの関与があったことを示す証拠

だったとのこと。

具体的なやり取りは掲載されていませんが、「事実を闇に葬りたくない」と、すべてを公にすることを望むヒカルに対し、VAZ側がこれを一蹴したという内容だと記事は伝えています。

FRIDAYはヒカルに直撃。この音声データを聞かせ、自身の声だという言質をとっています。
ヒカルは取材陣に対し

当時は自分に力もなくて反撃できず、ボクらは半分脅されるような感じ

とし、「VAZを辞めて本当に良かった」と答えています。

3年前の時点で、VAZが関わっていたとする暴露も

ちなみに「みずにゃん」(登録者数18万人)は、2017年9月に「ヒカルVALU騒動の真実」とする動画を公開しています。

炎上当時に公開された動画ですが、この中でみずにゃんは、VAZが会社ぐるみでVALUの企画に関わっていたと暴露しています。

VALU炎上は、50万人がヒカルのチャンネルを解除する、日本最大の“解除祭り”となりました。
あれから3年の時を経て、完全復活しているヒカルから真実が明かされるときは来るでしょうか。