エンリケ、財布騒動で炎上の夫を叱責。
反省しない夫に批判集まる

元名古屋No.1キャバ嬢の「エンリケ」(登録者28万人)が夫に離婚を切り出しました。

財布騒動後も反省なし

2020年9月上旬、エンリケの夫「豚さん」がインスタグラムのストーリーズを更新。
エンリケからプレゼントされたという高級財布をラーメン店に置き忘れ、無事に見つかったものの、数カ所にシミが付いていたと投稿しました。
夫によると、ラーメン店のスタッフはシミを付けてしまったことを謝罪し、弁償する意思を示したそうですが、後日ラーメン店を経営する会社の顧問弁護士から、弁償を拒否すると告げられたそう。
夫はそのことを怒り混じりに投稿しましたが、これに対する世間の声は冷たく、

どんだけ金持っててもこれは絶対違う。

倒れてる人を助けたら破いた服代を請求されたみたいな話だね☆

と批判が集まりました。

また、こういった批判を受けても夫は反省を見せず。
他の投稿も煽り口調のものが多く、批判を買う要因となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファーストクラスは神様 ビジネスクラスはお客様 エコノミーは貨物 そういう精神で今日も頑張ります!

豚さん(@buta_san1102)がシェアした投稿 –

夫の炎上で体調が悪くなる

9月17日、エンリケが「我慢の限界で離婚を切り出しました。」を公開しました。

最近のエンリケは夫の炎上の影響でストレスが溜まり、体調が悪化しているらしく、

もうこれ以上豚さんが勝手なことをすると、本当に困る

とのこと。
そこでエンリケは夫のSNSでの身勝手な行動を「阻止する」べく、夫に本気で怒り、SNSでの活動をやめさせるように注意することに。

これ以上暴走されるとやばい。
やばい、やばいというか、もう本当に我慢の限界なので、一回真剣に話し合おうと思います

なにかにつけ反論する夫

ソファに座り、向き合う2人。
エンリケが、過激な投稿をやめないなら「離婚する」と夫に切り出すと、夫は「(離婚は)イヤだよ」と拒否。
エンリケが離婚はともかく過激な投稿をしないと約束させると、夫は「はーい」と生返事を繰り返します。

YouTube

そればかりか、夫が過激な投稿をすることで「世間からクズって思われてる」「クズの旦那さんがいるって思われたら(私も)イヤなの」とエンリケが注意しても、夫は

でもソイツら俺はクズだと思ってるもん

何を反省するの?

と、自分を批判する人を「クズ」呼ばわりする始末。
最後にエンリケはこれ以上人が不快になる投稿をしないと夫に約束させ、指切りをしました。
なにかにつけ反論してくる夫に、エンリケも疲れたようです。

「話が通じなすぎ。」など批判多数

コメント欄には

旦那が最低すぎる。
話が通じなすぎ。
この人本当にエンリケさんの事愛してますか?
子供かよ。

すごく幼稚な旦那さんですね。レベルの高い人 なら、公の場で人を見下したりわざと嫌味を言ったりしないです。

あーもうこの人無理だ
もうやめましょうアカウントすぐ削除しましょう
離婚も賛成派です

と、自分の非を認めない夫の姿勢に批判のコメントが多く寄せられています。
結婚相手は慎重に選びたいものです。