ついに水溜りボンドも。
5年半続けた毎日投稿終了を宣言

2020年8月13日、「水溜りボンド」(登録者数436万人)が毎日投稿を終了すると発表しました。

2015年から続けた毎日投稿を終了

2020年12月31日で、毎日投稿、終了したいと思います

と宣言し、頭を下げる2人。

2015年1月1日以来、現在まで1日も欠かすことなく続けてきた毎日投稿を、ちょうど6年となる12月31日で終了すると話しました。

毎日投稿は水溜りボンドの大きな特徴で、トミーは「1つの企画」だったと思うぐらい「大切にしてきたもの」と語っています。
来年以降は「自分たちのペース」になるとのことです。

毎日投稿を掲げるトップYouTuberがいなくなる

水溜りボンドが活動を開始した頃は、人気YouTuberのほとんどが毎日投稿をしていました。

その流れに乗って水溜りボンドも毎日投稿を始めたそうですが、2017年に「ヒカキン」(登録者862万人)が「ぼくたち、休みます」で毎日投稿の終了を宣言。
毎日投稿をしないトップYouTuberが増えていきました。

この流れは、日本だけではなく世界でも同様で、背景には毎日投稿の呪縛によるクリエイターの“燃え尽き症候群”の多発や、毎日投稿を必ずしも優遇しないというYouTubeのアルゴリズムの改修もあったようです。
(参考:BBC NEWS「米人気YouTubeユーザー、動画の毎日投稿を中止」)

そして、今年3月には「スカイピース」(登録者数305万人)が毎日投稿の終了を宣言。
水溜りボンドは、毎日投稿を掲げる数少ないトップYouTuberとなっていました。

関連記事
スカイピースが3年半続けた毎日投稿やめる。最初の報告は水溜りボンド
休むのに後ろめたさがあったー木下ゆうかが毎日投稿をやめると宣言

毎日投稿終了は「コンビのため」

2人は、ヒカキンの「ちゃんと休まないと長く続かないよ」との発言に影響を受けたようで、トミーは

来年以降の活動のためにも、(中略)毎日投稿を止めることで、なんか僕らの中で1個スタイルを少し変えて、長く2人で続けていけるような方向にできたらな

と話しています。
毎日投稿自体は「全然続けられる」そうですが、「コンビのため」やめることを決めたそう。

カンタは、毎日投稿では作品にこだわりきれなかった部分があるようで、これは「マイナスな発表じゃない」「次のステージに行くための必要なステップ」と前向きに語っています。

8月15日には、毎日投稿をやめること自体をエンターテイメントとした「お祭りのような動画」が投稿されるとのこと。
トミーの「全財産」3000万円が投入された企画で、カンタは「今の僕たちにしかできない」と自信をのぞかせています。
一体どんな動画となっているのか注目です。