へずまりゅうが迷惑行為を辞めると約束。
しかし翌日には反故に

2020年5月16日、“迷惑系”YouTuber「へずまりゅう」(登録者1万人)が「へずまりゅうからご迷惑をおかけした皆さまへ」を公開しました。

地元と縁を切る覚悟で

有名YouTuberに強引にコラボを迫る凸動画で注目を集めたへずまりゅうですが、5月15日、メインチャンネルをBANされました。
(関連記事「へずまりゅう、アカウントBANされる」)
これを受けて、へずまりゅうは謝罪のコメントを動画で公開しました。

まず彼は迷惑系YouTuberになったいきさつを話します。
彼は2019年にYouTube活動を始めますが、鳴かず飛ばずの期間が続きました。
YouTubeを始めるにあたって、「相当の覚悟」をしていたというへずまりゅう。

両親、そして仲の良い友達、すべて縁を切りました。
「YouTubeで成功したい」「お金儲けをしたい」という目的から、一緒に共にした仲間をも切り捨てて、山口県から東京に1人でやってきました。

打開策として思いついたのが、炎上覚悟の有名YouTuberへ突撃動画だったと話します。
彼はまず「ジュキヤ」(登録者149万人)に突撃。ここから彼の快進撃が始まりました。

破竹の勢いだったが

3月時の登録者は6000人程度だったところ、4月頭には4万人に。アカウントBAN寸前の5月中旬には9万人を超えるなど、チャンネルは急成長を遂げました。

しかし、動画の過激な内容にいつまでもYouTubeが黙っているわけはなく、「コミュニティガイドライン違反」を根拠にYouTubeよりメインのアカウントをBAN。
現在はサブチャンネルなどを活用し、活動を続けています。

迷惑行為を辞めると宣言

へずまりゅうは「がーどまん」(登録者136万人)・「ねお」(同89万人)など、今まで迷惑を掛けてきた多くの有名YouTuberに謝罪しました。

自分が売れる目的で撮影の邪魔をしたり、すいません。
すべて自分が得してしまう、まったく自分しか得をしない炎上芸をしてしまいました。

さらに彼はこれから路線変更し、他人に迷惑行為を働くことを辞めると視聴者に涙を流しながら約束しました。

これからは約束します。
路線変更して、YouTuber・そして一般人、もうこれ以上突撃をしないことをここに宣言します。
本当に、今まで迷惑をかけてしまった皆様申し訳ございません

翌日には破られる

しかし、へずまりゅうにこの約束を守る気はないようで、「ヒカキン」(登録者842万人)が住む都内のタワーマンションを訪れるなど、アクティブに動き回っている様子をツイッターに投稿しています。

5月16日現在、謝罪動画は14万回再生され、高評価1700、低評価7200、低評価率は81%となっています。
全く反省の色がない彼のもとには

自分で色んな人に迷惑掛けといて辛かったとか被害者ぶってて草。路線変更とかしてないで行き方変更しろや。このチャンネルも垢BANされるといいねww

ここまでの人害初めてみたよ。とにかく胸糞悪い。早く捕まってほしいな。自己中すぎて怖い本当に一生かけても許されるべき行為じゃないよね。

と、視聴者から厳しい声が寄せられています。