江頭2:50、TKO木下出演にグダグダゲーム実況で初の登録者減少

芸人・江頭2:50のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」(登録者数202万人)で異常事態です。

4月には登録者数200万人を突破

2020年2月にYouTube活動を開始し、以降世間の注目を集め続けてきた江頭2:50。
活動開始からわずか8日で登録者数100万人を、先月15日には200万人も突破し、人気アイドルグループ「」(登録者数290万人)のYouTubeチャンネルにつぐ歴代2位の記録を次々と樹立しました。
登録者数100万人達成の記録は、のちにチャンネルを開設した「佐藤健」(登録者数184万人)が更新、現在は3位となっています。)

4月15日深夜には、登録者数200万人の達成を祝う生配信を実施。
エガちゃんねるのサポートスタッフである「ブリーフ団」の面々が、およそ2万人の視聴者らと共に200万人達成の瞬間を共有しました。
(関連記事「江頭2:50がチャンネル登録者数200万人を達成。嵐に次ぐ歴代2位のスピード」)

視聴者のガッカリ感募った5月

これまで順調な活動を続けて来た江頭でしたが、今月投稿された動画には相次いで否定的な声が上がっていました。

5月1日に投稿した動画には、YouTubeチャンネル開設で炎上中のTKO「木下隆行」(登録者数1.4万人)が出演したことで低評価が殺到。
活動開始からこれまで動画の低評価率2%以下を維持してきた江頭のチャンネルでしたが、この動画には6000件以上の低評価が寄せられ、チャンネル開設史上初の低評価率18%を記録しました。
(関連記事「江頭2:50、TKO木下の登場でチャンネル開始以来最多の低評価に」)

5月9日には、初めての“ゲーム実況”配信「【生配信】江頭2:50初のゲーム生配信!BANされませんように…」を実施しましたが、こちらにも否定的な意見が散見されました。

プレイしたのは、先月発売された名作ゲームのリメイク版で、他のクリエイターらもこぞって話題にしていた『FINAL FANTASY VII REMAKE(FF7R)』。
「BANされませんように…」という煽り文句も相まって、江頭がどんなプレイを見せてくれるのかに注目が集まっていましたが、生配信で公開されたのは江頭がひたすら無言でゲームをプレイする映像でした。

普段の動画のテンションを期待していた視聴者からは「がっかりした」との声も寄せられる中、江頭はわずか2日で動画を非公開としています。

登録者数1万人減

こういった事態をうけ、5月15日には登録者数が1万人減少。
登録者数を順調に増やし続けて来た江頭ですが、開設以降初めての大幅な登録者数減となりました。

初めて突き当たった大きな試練、エガちゃんねるは今後どうなるのでしょうか。