ゆゆうたの住所がまた特定される。
3度目の拡散も「歌にはしません」

2度あることは3度あるとは言いますが、「鈴木ゆゆうた」(登録者数132万人)のように何度も住所を特定されるYouTuberはなかなかいないでしょう。

またもや住所特定される

2020年5月14日に行ったツイキャス生配信の中で、ゆゆうたは

私またもや、住所がバレてしまったみたいです…w

ああもう、何回やねん、これ何回?何回バレるん?

と、再度の“住所バレ”を告白。

この日の未明頃からゆゆうたの住所に関する話題がツイッターなどで広がっており、これを見た「たっくーTVれいでぃお」(登録者数93万人)や「コレコレ」(同113万人)らがゆゆうたに報告、本人も住所が特定されたと知ったようです。

ついに公表されてしまう

ゆゆうたの現住所が特定され、ネット上で拡散されたのは今回で3度目。

現在の住居も、昨年12月の引っ越しからわずか数日で住所が特定されていたようですが、特定した人物は「口外しない」としており、当時は拡散には至りませんでした。

そこから4カ月が経った今、突如ネット上にゆゆうたの住所に関する書き込みがされ、住所が拡散されることに。
今回の住所バレについては「俺も出所が分からん」と話しており、特定に至った経緯は不明のようです。

関連記事
ゆゆうた、3月に引っ越したばかりの新住所も特定されてしまう
ゆゆうた、引っ越し発表後30分で住所が特定されてしまう

弾き語りはしない方針

ツイキャス生配信の中で「バレたものは仕方ない」「今後どうするかです」と切り替える様子を見せたゆゆうた。

最初に住所がバレた際には、自分の個人情報と合わせて“弾き語った”ことで注目を浴びたゆゆうたですが、今回は

一回高田馬場から引っ越した時点で、もうちょっと住所を弾き語るのはやめようっていうね、固い意志をもって、僕は住所をもう、歌にすることはないんですよね

と、弾き語りはしない方針を明らかにしています。