ゆゆうたがアイドル・戦慄かなのとの交際を発表。
エイプリルフールネタは否定

人気YouTuber「鈴木ゆゆうた」(登録者数115万人)が、アイドルユニット「ZOC」「femme fatale」のメンバーとして活躍する「戦慄かなの」との交際を発表しました。

交際開始からすでに1カ月

2020年4月1日に公開した動画にて、ゆゆうたは「今日はみなさんにご報告があります」と切り出すと、

わたくしゆゆうたと、彼女、戦慄かなの…実は私たち、お付き合いさせていただいております。

と交際を発表しました。

交際のきっかけとなったのは「コレコレ」(登録者数111万人)らも参加したとある飲み会。
この飲み会で財布を盗まれるというドッキリを仕掛けられたゆゆうたでしたが、これをきっかけに

芽生えてしまったんですね、恋心というものが。

ハートがドッキリしてしまった。

と、仕掛け人の1人だった戦慄かなのへの思いが芽生えたと告白しました。

その後ゆゆうた側からの積極的なアプローチ、そして告白という流れから交際が始まったとのことで、すでに交際から1カ月が経過していることも明かされました。

また、戦慄かなのからは「結婚を前提にお付き合いさせていただいています」といった本気宣言や、アイドルは交際がタブー視されているという「概念を覆したい」「新しいアイドル像になっていきたい」という意欲的な発言も飛び出しました。

エイプリルフールネタは否定

戦慄かなのも、姉妹で運営するチャンネル「femme fatale」(登録者数7.8万人)で動画を投稿し、ゆゆうたとの交際を発表しています。

先の動画はゆゆうたの自宅で撮影されていたのに対して、こちらの動画は戦慄かなのの自宅にて撮影されているとのこと。
戦慄かなのは「4月1日ですが全然ドッキリではありません」「付き合ってないと私の家こないし」とエイプリルフールネタを否定しました。

この動画の中で、戦慄かなのは「交際以前からゆゆうたのファンだった」ことを告白したほか、交際に至るまでのエピソードも公開しました。
またゆゆうたと共に、お互いを「ゆゆうた」「かなの」と呼び捨てにするシーンも見受けられました。

また交際を発表した4月1日、戦慄かなのも参加する音楽ユニット「チバニャン事変(仮)」の新曲のMVが公開されました。
このMVに「ヒカル」(登録者数380万人)と共に出演していたゆゆうたですが「あたしの彼氏だから出演した」との裏話も明かされています。
(関連記事「てんちむら参加の音楽ユニット「チバニャン事変(仮)」始動。MVにはヒカル、ゆゆうた出演」)

突如公表された異色のカップルに、ファンからは祝福だけでなく、驚きと困惑、悲しみの声があがっています。
本人たちは否定しているものの、エイプリルフールネタを疑う声もあがっています。

「エイプリルフールでしょ…?」
「2人がいきいき話してるとこ見るとガチ恋なの分かるな」
「俺たちのゆゆうたを返せ。」

エイプリルフールネタだった

(2020年4月2日追記)

2020年4月2日の昼ごろ、ゆゆうたはツイッターで「戦慄かなのとの交際、エイプリルフールのドッキリでした。」と公表しました。
戦慄かなのもドッキリだったことを謝罪すると共に、2人は「これからも友人として付き合っていきます」とのコメントを発表しています。

また、1日に結成された「チバニャン事変(仮)」も「エイプリルフールYouTube企画」だったことが明かされています。