レペゼン地球、アリーナツアーの一部中止を発表

2020年3月29日「レペゼン地球」(登録者数226万人)がアリーナツアーの一部公演を中止すると発表しました。

大阪・福岡のアリーナライブを中止

レペゼン地球は4月~6月にかけて大阪、福岡、名古屋、横浜の4会場で総動員数10万人規模のアリーナツアーを開催予定。

新型コロナウイルスの感染拡大によりイベントの中止が相次ぐ中、レペゼン地球は2月28日時点では「国から強制的な中止命令等が来ない限り開催します」との声明を出していました。
(関連記事「レペゼン地球のアリーナツアーは「強制的な中止命令がない限り開催」」)

今回、4月の大阪および5月の福岡の2会場の公演中止を発表しました。

DJ社長は

とてもじゃないけどライブやってる場合じゃないなと思い、中止を決めました

と語りました。
延期を模索したものの、「絶望的に無理」で中止を選択せざるを得なかったようです。

5年越しの目標実現の直前だった

DJ社長の活動の原点は、マリンメッセ福岡を満員にしたきゃりーぱみゅぱみゅの姿に影響を受けてものですが、今回 中止となった福岡会場は、まさしくこのマリンメッセ福岡。
(関連記事「レペゼン地球DJ社長、熱く語る動画が大きな反響」)

DJ社長は

「俺もマリンメッセ埋めれるような有名人になりたいな」と思って活動し始めてついに俺、「5年越しにこのマリンメッセに立つことができるんだみたいな」
思っとった矢先やったけん、ショックはあるよね

と力を落としました。

5年越しの目標実現の直前だった

レペゼン地球はYouTuberの動画に広告をつけていないため、今回の中止は
「金銭的にもダメージがとんでもない」「笑い事じゃない状態」で、損失は「何千万なるのかわからん」とのこと。

そんな状況の中、「俺らのワガママでライブやってる場合じゃないと思い」、中止の決断に至ったようです。

横浜と愛知公演は今のところ開催予定とのことです。
DJ社長は

僕のために、僕がライブしたいがためにこれ以上感染を広めないでください。
濃厚接触ダメ。
横浜公演と愛知公演ができるようにお願いします

と呼びかけています。