スカイピースが3年半続けた毎日投稿やめる。
最初の報告は水溜りボンド

スカイピース」(登録者数289万人)が、結成から3年半の間続けてきた毎日投稿をやめると宣言しました。

結成から3年半続けていた

スカイピースとは、「テオ」と「☆イニ☆(じん)」の男性2人組YouTuber。
2016年7月にチャンネルを開設してから約3年半毎日投稿を続けており、これまでに1400本以上の動画を投稿してきました。

そんなスカイピースですが、3月21日に投稿した動画で毎日投稿をやめることを発表しました。

尊敬する先輩、水溜りボンドへ報告

スカイピースの2人が毎日投稿の終了を最初に報告したのが、5年以上毎日投稿を続けており、スカイピースの2人もことあるごとに「リスペクトしている」と話すコンビYouTuber「水溜りボンド」(登録者数425万人)。
動画には、水溜りボンドに毎日投稿をやめる報告をする2人の姿がおさめられています。

尊敬する先輩を前に言い出しづらそうな様子を見せていた2人でしたが、口火を切ったのはじんでした。

えー、実はですね、スカイピース…毎日投稿をやめます。

報告を受け、水溜りボンドの「カンタ」は「よく頑張ったって言ってあげたい」と2人をねぎらいます。
「トミー」は「それ(毎日投稿をやめるのが)妥協でないことを視聴者に伝えるのが難しいんだったら、最大限の協力をする」と、毎日投稿を続けて来た先輩として2人の力になりたいと話しました。

妥協じゃなくてすごい進化への変化っていうことを視聴者さんに伝えるのに1ミリでも貢献できたらね、本当にそれは(水溜りボンドが)やるべきことだし。

投稿頻度は月4?カンタもツッコミ

今後の投稿頻度について「2日に1本とかのレベルじゃなく、もう月4とか」との考えを明かしたテオ。
あまりの減少っぷりにカンタが「月4!?月4はおかしいやろ!」と激しくツッコミを入れると、トミーが「お小遣いみたいにいうなよ」と諫めました。

決断の裏には多忙極める音楽活動

毎日投稿をやめた理由を聞かれると、テオは

でもやっぱりメジャーデビューして、アルバム作んなきゃツアーやんなきゃって中で、だんだん無理してるなって気づき始めた。

と答えました。
実際動画の中でも、多忙を極める音楽活動についての話をしていました。

活動頻度を落とす一方で、スカイピースは大型企画への野望も見せています。

今ある毎日投稿をしていたチャンネル(メインチャンネル)を、結構デカい企画で(使おうと思ってる)。

今後はサブチャンネル「空の平和島」(登録者数62万人)の投稿頻度をあげ、メインチャンネルでは今まで以上に力の入った動画を投稿したいと話しました。
投稿頻度は減りますが、活動自体は「もっと忙しくなると思う」とも話しています。

視聴者の反応は

動画コメント欄では、2人へのねぎらいや応援のコメントが寄せられました。

「毎日投稿お疲れ様でした、これからも楽しみに待ってます!」
「毎日投稿やめるってだけ聞いたら楽になるように感じるけど、ちゃんと話聞いてたら更にスケールアップするんだね、、、すごいなあ、、」

また、2人の報告を親身になって聞いてくれた水溜りボンドを称賛する声もたくさんあがっています。

「水溜りさん本当にいい人だなって改めて思った。。」
「これは本当に、先輩が二人と二人の視聴者のために「出来ることをした」と思う。」
「ほんとに感動しすぎて、水溜りボンドの上の照明で神に見えてきたwwwwww」

音楽活動だけでなく、YouTubeでも更なるステップアップを目論むスカイピース。
毎日投稿が終わった後は、どのような動画でファンを楽しませるのでしょうか。