有名YouTuberに強引にコラボ迫る底辺YouTuberに批判殺到「性格まで底辺」

有名YouTuberらに街中で突然カメラを向け、強引にコラボを迫る底辺YouTuber「へずまりゅう」(登録者数7600人)に対して「迷惑すぎる」と批判が殺到しています。

自宅公開したYouTuberに凸、コラボ要求する

2020年2月、自宅の住所を公開したYouTuber「よりひと」(登録者60万人)のもとを訪れ、コラボするよう要求していたへずまりゅう。
(関連記事「よりひと、自宅住所を公開。「ドアを開けろ」と侵入者が現れ警察沙汰に」)

登録者数の多いYouTuberとの絡みに味をしめたのか、これ以降さまざまなYouTuberと積極的に絡むようになっていきます。

人気YouTuberに街中でコラボ迫る

へずまりゅうは2月15日、女性への過激な街頭インタビューで人気のYouTuber「ジュキヤ」(登録者数132万人)に対して、コラボをするよう強引に迫る様子を動画で公開しました。

街中での撮影がひと段落したタイミングでジュキヤに詰め寄り、カメラを向けるへずまりゅう。

(へずまりゅう)おいジュキヤ!
(ジュキヤ)なんだよ、なんだよこいつ
(へずまりゅう)なんだよじゃねえよ。凸りに来たぞ底辺YouTuberが、おい!へずまりゅうじゃ、おい!

ジュキヤが近くにいた警察官に助けを求めると、へずまりゅうは「これ民事なんで」「警察は民事に介入できないんで」などと反論します。

(へずまりゅう)自分凸りたいんすよ。動画を回したいんすよ、回して自分の売名になるんすよ。

(警察官)嫌がってるのは分かりますよね?
(へずまりゅう)分かります、なので裁判は起こし…絶対に手は出さないです。
(警察官)裁判とかそういう難しい話じゃなくて…

(へずまりゅう)暴力の疑いがあるから警察は止めなきゃいけないんですよね?
(警察官)いや大声出したり問題に、嫌がってるじゃないですか。
(へずまりゅう)じゃあ分かりました、大声は出さずに近くで撮影します、約束します。

複数人の警察官に囲まれ「撮影はやめます」「すいませんでした」と謝罪したへずまりゅうでしたが、その後も数分にわたって「チョコレート買ってきたんでもらってください」「コラボお願いしまーす」と、ジュキヤにコラボを迫る映像が続いています。

これ以降も、撮影で渋谷を訪れた「コレコレ」(登録者数109万人)や「禁断ボーイズ」(同193万人)らに対しても、一方的にコラボを迫る動画を公開しています。

 動画には低評価が殺到

立て続けに有名Youtuberらと絡んだ動画を投稿したことで、急速に認知度を上げているへずまりゅう。
この半月ほどでチャンネル登録者は2000人増加しており、それなりの成果は上げているようですが、その身勝手な撮影スタイルに対して批判の声が殺到しています。

「民事だとか法律だとか云々の前に、人としての常識が無さすぎる。 警察の方にも迷惑だろ…」
「いろんな人困らせんなよ なんなんお前」
「すいません。警察に囲まれたので終わりにします。って反省する気なし。動画の内容だけでなく、性格まで底辺やな。」

ここ2週間の動画の低評価率も、60~90%という厳しい評価となっています。

YouTuberとして一旗揚げるべく先月から東京に進出してきたようですが、現在の活動で視聴者からの応援を獲得するのは難しそうです。