ラファエルがYouTuberを引退し、エイベックスに所属すると発表

人気YouTuber「ラファエル」(登録者数149万人)が、YouTuberを辞めることを発表しました。

エイベックスに所属、YouTuberは辞める

2020年2月18日、ラファエルは自身のインスタグラムにて「YouTuberを辞める」と突然発表。
また、3月1日よりエイベックス株式会社に所属を移すことや「Da-iCE」のメンバーとして活動していくことも報告しています。

DJ修行に励んでいた

2020年1月より女性DJを自宅に招いて家庭教師を依頼したり、作曲活動にも手を出すなど、DJ修行に励んでいたラファエル。
(関連記事「次なる目標はDJデビュー!?ラファエルがDJ修行をはじめる」)

また、昨年10月からは動画の投稿頻度を大きく下げたほか、自身の仮面を継いでチャンネルを運営する“2代目”を募集するなど、着々とYouTube離れの準備を進めていました。
(関連記事「ラファエルが2代目募集オーディションの開催を発表」)

とはいえラファエルのチャンネルは150万人近い登録者を抱えており、大きな収益をあげていることは間違いありません。
会社を多数経営する実業家でもあるラファエルが、2代目への引き継ぎも中途半端な状態で、実績もない音楽家活動に転向するという話は、にわかには信じがたいものがあります。

またラファエルのこの発表に対して、「Da-iCE」のスタッフは「??????」と意味深なツイートをしています。


今後の発表が待たれます。

ラファエル、バイトとしてDa-iCEのお手伝い?

(2020年2月26日追記)

2020年2月23日、ラファエルは「【ご報告】YouTube辞めてavexに入社します。【ラファエル】」を投稿しました。

Da-iCEの6人目のメンバーとなるべく、所属事務所「avex」に出向いたラファエル。
挨拶をするためDa-iCEの控え室を訪れたラファエルですが、メンバーからは「バイトって大変だと思うんですよ」「大道具さんで入られるんじゃないんですか?」と驚きの発言が。

どうやらメンバーとして加入すると思っていたのはラファエルだけで、イーサンやDa-iCEの面々、avexの役員らは“アルバイト”として、Da-iCEの手伝いをするだけだと思っていたようです。
それでも「バイト期間を経てからここに(Da-iCEの一員に)…」と食い下がるラファエルですが、「バイト期間を経たら正社員になれるかも?」「入り口間違えてるw」といった返答。

Da-iCEのスタッフもこの動画へのリンクとともに、「Da-iCEは5人組ダンス&ボーカルグループです」と改めて宣言しています。

ラファエルがDa-iCEに加入することも、YouTubeを辞めることもしばらくの間はなさそうです。