レペゼン地球がUUUMから届いた“ヤバいメール”を公開

レペゼン地球」(登録者数210万人)が、YouTuber事務所「UUUM」から届いた“ヤバいメール”を公開しました。

活動休止中にコラボ動画公開

2019年7月21日、レペゼン地球はマホトとのコラボ動画を投稿しました。
また、2人のコラボを斡旋した「ヒカル」(同366万人)のチャンネルでも、同じくコラボ動画が投稿されました。
(関連記事「マホトとレペゼン地球がコラボ。ヒカルは「削除覚悟」」)

ところが当時、マホトは同居女性への暴力が発覚した直後で、活動を自粛していたタイミング。
(関連記事「マホト、同棲中の元アイドルを殴り、傷害で逮捕」)

活動休止前に撮影した動画を、活動休止後に公開したことで、マホトの所属するUUUMと2組のYouTuberが対立することになりました。

UUUM「誠に遺憾」

レペゼン地球らの公開した動画について、UUUMは7月23日、公式ウェブサイトにて遺憾の意を表明。

当社としましては、当該動画が無断で公開されたことは誠に遺憾であり、厳重に抗議を申し入れてまいります。
(UUUM「一部チャンネルで公開された動画について」)

動画の公開については、マホトを始めUUUM側は「一切承諾しておりません」とした上で「厳重に抗議を申し入れ」ることを表明しました。

これに対してヒカルは、動画はUUUMのマネジャー同席のもと撮影しており、許可もその時に取っていると主張。
また、「そちら(UUUM)側から動画を出さないでほしいとの連絡は一切ありませんでした」とし、UUUMの公式サイト上での声明発表は「印象操作」だとして強く批判していました。

レペゼン地球も、UUUMの声明発表後もコラボ動画の続編を公開するなど、真っ向から対立する姿勢を見せていました。
(関連記事「マホト出演の動画をめぐってUUUMとヒカルが対立」)

レペゼン地球にも連絡があった

この裏で、レペゼン地球のもとには“ヤバいメール”が届いていたことを、2020年2月17日に公開した動画で明かしました。

動画の中でDJ社長は、UUUMから届いたとするメールを公開。

お世話になっております。UU〇〇です。
本日、UPされた動画に関してご連絡させていただきました。(レペゼン地球とマホトのコラボ動画のリンク)

こちら、詳しい日程や以前「完成し次第、問題ないか確認のメールを再度送らせて頂きます。」とお伺いしておりましたが、ご連絡を頂いておりませんでした為、非公開のご対応をお願いできますでしょうか。
こちらの都合で恐縮ですが、相手側のいるお話で状況が状況ですので動画の公開をとりやめて頂ければと思います。

本日中(7月21日23時59分)にご返信がない場合、本件に関して対応をすることになりますので宜しくお願い申し上げます。
UUUM株式会社

このメールが届いたのは、7月21日の21時5分。
謝罪も一切無し、3時間以内に返信しなければ「対応をすることになります」とする内容に、DJ社長も「これが汚い大人」「まじでヤバいと思った」と身を震わせました。

UUUMの対応に疑問の声

その後もやり取りはあったようですが、「話にならない」と感じたDJ社長はUUUMからのメールをすべて無視。
動画も、マホトが復帰するまで公開されたままとなっていました。

このメールの内容に関しては、視聴者からもUUUMの対応を疑問視するコメントが相次いでいます。

「なんか他の事務所の問題が出るとやっぱUUUMだよなーとかUUUM神ーとか見かけた事あるけど UUUMのこの対応は悪過ぎる」
「uuum上場企業のくせして礼儀もなんもしらんのね 社長かっこいいわ。uuumの対応今まで晒さないでいたのも偉い」
「UUUMのメール木下優樹菜のDM並みの脅迫メールで草」

目的はあくまでツアーの宣伝

マホトの復帰に合わせてUUUMからのメールを公開したレペゼン地球ですが、UUUMの対応を批判したいという考えは特にない様子。
UUUMからのメールについて一通り話した後には、20日後から始まるアリーナツアーの宣伝をしています。

アリーナツアーのチケットが、あと20日で販売開始しちゃうから、ぜひライブに来て欲しいってことです。

ぶっちゃけ、UUUMとかマホトとか、結構どうでもいいです。
今日の話のダシにさせていただきました。

レペゼン地球は今年4月より、大阪をはじめ日本各地を巡るアリーナツアー「2020 ARENA TOUR 地球」を予定していますが、そのチケットの一般発売が20日後の3月8日から始まります。

動画は18日16時までに77万回再生されており、アリーナツアーの宣伝という目的はしっかりと果たされたようです。