ヴァンゆん、100万人超のYouTuberとして初の大手芸能事務所所属を発表

2019年9月4日、「ヴァンゆんチャンネル」(登録者数151万人)が大手芸能事務所「太田プロダクション」へ所属すると報道がありました。

人気の男女コンビ

ヴァンゆんチャンネルは「VAMBI」と「ゆん」の男女コンビYouTuberで、当初はVAMBIがソロで活動していました。
2018年7月から、それまでコラボ相手だったゆんとコンビを組んで活動しています。

登録者数は2018年8月に50万人を突破。
その後2019年3月に100万人、8月に150万人を突破しています。

ヴァンゆんは、これまで交際の“匂わせ”動画を何度も投稿しているますが、カップルでありません。
その2人が、2月に動画の「いいね」が10万集まれば結婚すると宣言。
この動画はまたたく間に10万いいねを獲得し、話題となりました。
(関連記事「ヴァンゆん「10万いいね」で結婚宣言した動画が3時間で目標達成」)

実際には結婚せず、批判も浴びた2人ですが、おそらくこれがキッカケで注目が集まり、2月以降は登録者の増加ペースが急角度になっています。

太田プロはYouTuberに一番理解があった

今回登録者数100万人を超えるYouTuberとして初の大手芸能事務所所属となったヴァンゆん。
太田プロを選んだ理由として

ヴァンビは「ユーチューバーに一番理解があった。『新しい風を起こそうぜ』みたいな感じでした。他は芸能界で通用するのかが懐疑的でした」。ゆんは「テレビでは通用しないとか。結構厳しい意見が多かったです。でも太田プロさんは一緒にワクワクして、意見を交換してくれました」。
日刊スポーツ

と答えた2人。
ゆんの「マルチタレントになる」という夢を叶えるためというねらいもあるようです。

ちなみにVAMBIはUUUM所属。
ゆんはVAZ所属で、コンビながら別々の事務所の所属でした。
現在UUUMの所属タレントページからはVAMBIの記載は消えていますが、VAZにはゆんは掲載されています

YouTuberの芸能界進出の成功例となれるか

このところ芸能人のYouTube進出が相次いでいますが、
(関連記事「すでに50人以上が参入!2019年にデビューした芸能人YouTuberランキング」)
ヒカキン」(登録者数765万人)をはじめ、YouTubeがテレビに出演する機会も増えています。

しかし、「カジサック」(登録者数122万人)や「中田敦彦」(同101万人)がYouTubeで成功を収めているのに対し、YouTuberがテレビでの露出は増えているものの、成功していると言えるという事例はまだありません。

ヴァンゆんはYouTuber初でもある大手の芸能事務所所属となることで、強力なバックアップが得られることは間違いなく、うまくいけばYouTuberのテレビ進出が加速するかもしれません。
今後のヴァンゆんに注目です。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.16~

もっと見る